FC2ブログ

Idol Happiness Website Diary

WHAT HAPPENED !?゚・:。★野生の王国 2015★。・:゚

 

Category: スポンサー広告   Tags: ---

Response: --  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: 太古生物■NEWS   Tags: ---

Response: --   Community: Theme[動物・植物 - 生き物のニュース] Genre[ニュース]

<羽毛恐竜>中国で新種化石発見 最小、全長30センチ

中国遼寧省にあるジュラ紀の地層(約1億6300万年前)から、新種の小型羽毛恐竜の化石が見つかったと、ベルギー王立自然史博物館などの研究チームが22日付の英科学誌ネイチャーコミュニケーションズ(電子版)に発表した。
これまで確認されている羽毛恐竜の中では最小とみられる。

 多くの羽毛恐竜はジュラ紀より後の白亜紀(1億4500万~6550万年前)に多く確認されている。
チームは、より古い年代の地層から見つかった、四肢と尾に羽毛を持つこの恐竜を「エオシノプテリクス(暁の中国の翼)」と名付けた。

 化石の全長は約30センチで、足首の関節が完成していたことからおとなの恐竜と考えられる。
これまで知られている羽毛恐竜のうち最小のものは全長約50センチで、エオシノプテリクスはそれより小型だ。
また、近い種類の恐竜に比べて後ろ脚や尾の羽毛が少なく、鳥のように飛ぶより地面を走るのに適した姿という。

 真鍋真・国立科学博物館研究主幹は「骨格が似ていても羽毛の発達度合いが異なることから、羽毛恐竜の羽毛は保温や滑空の目的より、見た目で重要な働きをしていたのかもしれない」と話している。【永山悦子】

ジュラ紀の時代の始祖鳥ならぬ、羽毛恐竜の出現があったわけだね。

となると、やはりそれ以降の恐竜には多種多様な羽毛があったんだと裏付ける事にもなりそう。

新発見のこのエオシノプテリクスが最少の大きさだったということは、どの科、属の者だったのか、そして、どのように進化したのか
とても興味がわきますね。

約30センチて。飼いたくなるじゃないよw

■http://idolhappiness.web.fc2.com/
スポンサーサイト

11 2018 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

idolhappiness

Author:idolhappiness
ようこそ!!!
サイトのUP情報、動物ニュース、エンターテイメント情報の紹介日記を綴ります。


Archive

RSS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。