FC2ブログ

Idol Happiness Website Diary

WHAT HAPPENED !?゚・:。★野生の王国 2015★。・:゚

 

Category: スポンサー広告   Tags: ---

Response: --  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: 太古生物■NEWS   Tags: ---

Response: --   Community: Theme[動物・植物 - 生き物のニュース] Genre[ニュース]

噴火で焼け死んだ珍しいサイの化石

現在のトルコに生息していたサイの珍しい化石が見つかった。
920万年前、火山の噴火に遭い不慮の死を遂げたものだという。

見つかったサイの頭蓋骨と顎の骨は、表面が荒れていて歯がもろくなっていた。
フランス、モンペリエ大学の古生物学者ピエール・オリビエ・アントワン(Pierre-Olivier Antoine)氏はその原因について、
チャルダックというカルデラを発生源とする火山岩がサイを直撃したためと推測している。
猛スピードで流れてきた火山灰と岩石がサイの体をバラバラにし、頭蓋骨を摂氏450度で“焼き固め”たとみられる。

通常、有機物は高温によって灰になってしまうため、火山岩から見つかる化石は全体の2%しかない。
哺乳類の化石が見つかることはさらにまれだ。

頭蓋骨と顎の化石は、トルコ中部のカッパドキアで見つかった。
重さ30キロの化石は、大型で2本の角を持つサイの一種、ケラトテリウム・ネウマイリ(Ceratotherium neumayri)のものとみられる。
中新世後期の東地中海に多くみられた種だ。

化石の歯の磨耗具合を、現生の近縁種であるシロサイ(学名:Ceratotherium simum)と比較した結果、
このサイは若い成体で、死んだときは10~15歳だったとアントワン氏は推定している。

「このサイは、ちょうど間の悪いときに間の悪い場所に居合わせたのだ。われわれ古生物学者にとっては好都合だったが」とアントワン氏は述べている。
同氏の研究チームは、噴火地点から30キロ北でこの化石を発見した。火山灰と軽石、小石の流れに乗ってそこまで運ばれたとみられるが、化石が現在まで残ったのはおそらくそのおかげだ。

研究成果は、11月21日付で「PLOS ONE」誌に発表された。

Sasha Ingber for National Geographic News


とてつもなく、ちょっと悲惨な結末ではあったのだろう。
どうして化石になってるかっていうのが分かるほど、非業の死の様が伺える。

さて、新世代の哺乳類の生き物たちの発見と発表は久しぶり。

今回はその死の様しか詳細が分からないが、ここからこの個体の様々な研究成果を期待したい。
特に、現存するケラトリウム:サイの生息数が非常に減っている点から、うまく個体数の増加につながるような何かを求む。

http://idolhappiness.web.fc2.com/
スポンサーサイト

09 2018 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

idolhappiness

Author:idolhappiness
ようこそ!!!
サイトのUP情報、動物ニュース、エンターテイメント情報の紹介日記を綴ります。


Archive

RSS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。