FC2ブログ

Idol Happiness Website Diary

WHAT HAPPENED !?゚・:。★野生の王国 2015★。・:゚

 

Category: スポンサー広告   Tags: ---

Response: --  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: サイト■NEWS   Tags: ---

Response: --   Community: Theme[動物・植物 - 生き物のニュース] Genre[ニュース]

Z o o E x p r e s s ■ ズー・エクスプレス ■ No.603

■東京ズーネットBB■====================================================

 ----------------------------------------------------
 ▼今月の動画はアフリカゾウ、アイアイ誕生、そして……
 ----------------------------------------------------

  「東京ズーネットBB」は、動画でおつたえする動物園ニュース。「東京ズー
 ネット」のトップページから 「TokyoZooNetBB」をクリックしてください。
 あるいは、こちらから直行!→ http://www.tokyo-zoo.net/movie/index.html

 ◎アフリカゾウのスイカ割り
  http://www.tokyo-zoo.net/movie/mov_book/1208_01/index.html

 ◎アイアイ「ティーア」誕生!
  http://www.tokyo-zoo.net/movie/mov_book/1208_02/index.html

 ◎「甘エビ」こと、ホッコクアカエビ
  http://www.tokyo-zoo.net/movie/mov_book/1208_03/index.html

 ◎ポリプから育てたアカクラゲ
  http://www.tokyo-zoo.net/movie/mov_book/1208_04/index.html

 ※「東京ズーネット」のモバイルサイトでも動画公開中。動画再生対応機種で
  どうぞ。アクセス先はパソコン版と同じ http://www.tokyo-zoo.net/ です。
  スマートフォンの場合はhttp://www.tokyo-zoo.net/movie/ 。PCサイトと同
  じデザインのページですが、動画はスマートフォン再生に対応しています。

■上野動物園■==========================================================

 ------------------------------------------------------
 ▼ニシローランドゴリラの「モモコ」と「ハオコ」が交尾?
 ------------------------------------------------------

  2012年に入ってから、子どもゴリラ「コモモ」のギィーという声が頻繁に聞
 かれるようになりました。ほかのおばさんゴリラに怒られたのか?と思って見
 に行くと、母親に甘えて抱きつこうとしていたコモモを、母親「モモコ」が頭
 を手で押さえ、引き離そうとしているところ。

  以前は日中の昼寝の際、コモモが母親の乳首に吸い付いて甘えるのが日課の
 ようになっていましたが、4月ごろからそうした姿もすっかり見られなくなり
 ました。

  かつては、部屋の出入りの際もコモモはモモコに抱きついているのが当たり
 前だったのですが、今ではモモコがすぐに引き離すようになり、自立を促して
 いる母親という感じです。夜間が暖かくなってきたことで、子どもの接触を拒
 む行動も加速したのか、コモモはモモコから離れて寝ることが増えてきました。
  
  これらモモコの行動の変化に加え、オスの「ハオコ」が妙にモモコに関心を
 示して近くにいようとすること、また、モモコのにおいが周期的に変化してい
 ることなどから、モモコの発情が戻ってきたことを確信しました。ゴリラの母
 親は、子どもが離乳し、次の妊娠ができる状態になるまで長い時間がかかりま
 す。その間、子育てを一生懸命におこないます。

  5月末、コモモの出産後初めてモモコとハオコの交尾が確認され、8月13、
 14日には5月よりも積極的な交尾が見られました。そのようすを間近で見てい
 るコモモには、最高の学習の機会であったと思います。

  今年1月から、ゴリラたちは夜、寝室でも一緒にくらしているので、ゴリラ
 同士の接触が増えています。最近、コモモはトトと急に親密になり、トトの背
 中に乗って部屋を出入りすることも多くなりました。たまにトトやナナに怒ら
 れることもありますが、それも群れの中で生きていく術を学ぶ大切な経験です。

  順調にいけば、コモモがお姉さんとなり、新たな経験を得る日が近い将来来
 ることでしょう。
                  〔上野動物園東園飼育展示係 木岡真一〕

■多摩動物公園■========================================================

 ----------------------------
 ▼ユキヒョウへ氷のプレゼント
 ----------------------------

  みなさんは今年の夏をいかがお過ごしですか? 多摩動物公園のユキヒョウ
 たちは、園内でも1、2を誇る涼しい場所で、昨年取り付けたドライミストの
 ある運動場と、冷房の利いた室内とを出入り自由にして過ごしています。なん
 ともぜいたくな過ごし方ですが、夏の平均最高気温が20℃以下という標高の高
 い山に住み、寒さを凌ぐために厚い毛皮をまとったユキヒョウにとって、連日
 30℃を超える東京の夏を乗り切るのは大変なようです。

  ユキヒョウたちが少しでも夏を楽しく過ごせるように、今年の夏はプレゼン
 トを用意しました。彼らの大好きな肉を入れた大きな氷です。

  最初は一番反応してくれそうな、2011年5月25日生まれのオスの「スカイ」
 メスの「エナ」「アサヒ」の三つ子とその母親「マユ」に与えました。

  運動場に氷を置いてから、ちょっとわくわくしながら親子を外に出します。
 すると、子どもたちはすぐに氷のところへ行き、みんなで仲良くペロペロ舐め
 始めます。「よしよし、仲良く食べてるな」と思ったのもつかの間、氷の取り
 合いでケンカが始まり、それぞれが、ほかの個体に取られないよう、唸り声を
 あげて牽制しあいます。負けてしまった個体は、少し離れたところでほかの個
 体が氷を舐めるようすをじっと見ていてます。

  こんなふうに書くと、負けた子が不憫に思われるかもしれませんが、ご心配
 なく。大きな氷はなかなか溶けないので、先に氷にありついた個体は、ひとし
 きり氷と格闘すると、とりあえず満足するのか、疲れてしまうのか、氷から離
 れます。その後は選手交代し、結局みんな氷に向かって飛んだり跳ねたり、大
 はしゃぎになり、はしゃぎすぎてバテてしまうのではないかと、心配になるほ
 どです。中身の肉には、ありつけたり、ありつけなかったりなので、氷と遊ぶ
 ことが重要なのかもしれません。
  
  ちなみに、ほかの大人たちの反応は、まったく無視を決め込む個体、ちょっ
 と舐めて確認したあと氷が溶けてから中の肉だけを食べる個体など、さまざま
 でした。

  氷のプレゼントは夏季限定です。そろそろ9月に向かい、朝晩はほんの少し
 涼しくなってきましたので、ごらんになりたい方はお早めにおいでください。

 ※氷のプレゼントは不定期でおこなっています。ごらんになれない日もありま
  すので、ご了承ください。
                 〔多摩動物公園南園飼育展示係 高村里美〕

 --------------------------------
 ▼オランウータン「ユキ」、福岡へ
 --------------------------------

  多摩動物公園のボルネオオランウータン「ユキ」が2012年9月12日(水)、
 福岡市動物園に移動します。ユキは推定42歳のメス。1970年に野生で生まれ、
 1973年12月24日に札幌市円山動物園、1998年10月30日に福岡市動物園に移動。
 多摩動物公園にやってきたのは、2008年2月13日です。

  福岡市動物園がオランウータン舎の改修を進める間、多摩動物公園ではユキ
 をあずかっていました。改修が終わったため、ユキは福岡に戻ります。多摩動
 物公園のボルネオオランウータンは、ユキの出発後、オス3頭、メス5頭です。

  なお、移動準備のため、9月3日(月)からご覧になれないことがあります。
http://www.tokyo-zoo.net/topic/topics_detail?kind=news&link_num=21063

■葛西臨海水族園■======================================================

 --------------------------
 ▼小さなタマカイの仲間入り
 --------------------------

  葛西臨海水族園世界の海コーナーの「南シナ海」水槽では、ハタのなかまの
 タマカイを展示しています。タマカイは英名で「ジャイアントグルーパー」と
 呼ばれ、ハタ科の中で最も大きくなる種類です。成長すると最大で全長2.7メ
 ートル、体重400キログラムにもなり、非常に迫力があります。インド洋や太
 平洋の暖かい海に広く分布し、サンゴ礁や岩礁域の水深の浅い場所でもダイビ
 ング中に見られることがあります。

  水槽の中には現在、2尾のタマカイが入っています。1尾は水族園で20年以
 上も長生きしているもので、全長1.5メートルくらいあり、「南シナ海」水槽
 では一番大きな魚で、とても存在感があります。給餌のときには、悠然と水面
 に近づき、私たちが餌を与えるのを待ち構えています。水族園では、大型の魚
 にはイカなどを丸ごと与えますが、このタマカイは餌が水の中に入るやいなや、
 周りに水をはね散らす勢いで食べるため、私たちが水をかぶってしまうことが
 時々あります。

  もう1尾のタマカイは、少し前に水槽に新しく加えた個体で、全長は70セン
 チくらいです。体色は幼魚から成魚へ変わる途中で、大きなタマカイと比べる
 と黄色味が強く見えます。初めて水槽に入れたばかりのときは、ほかの魚に追
 われて尾びれが少し傷ついてしまい、水面近くの擬岩のくぼみにとどまって、
 そこから外へ出て行くことはありませんでした。

  餌を与えても、その場所以外では食べなかったのですが、日が経つにつれて
 周りの状況にも慣れたようで、次第に行動範囲を拡げていき、今では水槽の中
 を自由に泳ぎ回るようになりました。食欲も出てきたようで、同じ大きさの魚
 ならば得意のダッシュで押しのけて、活発に餌を食べるようになりました。

  水槽の中で仲良くくらす、色違いのタマカイたちをごらんください。

                  〔葛西臨海水族園飼育展示係 笹沼伸一〕

 ---------------------------------------------------------
 ▼9/8、9/22 ミニ・スタッフトーク「すごいぞ!サメのひみつ」
 ---------------------------------------------------------
 
  葛西臨海水族園の「スタッフトーク」は、毎月第2・第4土曜日の催し物。
 葛西臨海水族園で飼育展示している生き物や水族園の仕事など、ふだん聞けな
 い話をスタッフが楽しくお伝えします!

  今回のテーマは「すごいぞ!サメのひみつ」

  みなさんが水族園に来て最初に出会う生き物、それはサメです。水族園の一
 番目の水槽には、大きなアカシュモクザメが泳いでいます。今回のスタッフト
 ークでは、このアカシュモクザメを中心に、サメの「すごいところ」を紹介し
 ます。怖いイメージがあるサメですが、本当に人を襲うの? 歯が抜けるとど
 うなる? おちんちんが二つあるって本当? サメのひみつを、飼育係と一緒
 に解き明かしましょう!

  日時 2012年9月8日(土)、22日(土)11:30〜11:45
  場所 葛西臨海水族園本館2階「大洋の航海者・サメ」水槽前

■井の頭自然文化園■====================================================

 --------------------------------------------------------------
 ▼いきもの広場で遊ぼう[6]ライトトラップに集まったコガネムシ
 --------------------------------------------------------------

  夏がまだまだ続くような暑さですが、井の頭自然文化園の「いきもの広場」
 ではこんな変化がありました。

  広場内に設置しているバナナトラップには、ほんの2週間前までカブトムシ
 が合計何十匹もくっついていたのですが、2012年8月22日を最後に1匹も見ら
 れなくなったのです。かわりに、落ち葉を積んだ山には、今年生まれの幼虫が
 たくさん見つかります。

  広場ではこんなふうに、見られる生き物が次々と変化します。何回も遊びに
 来ていただけると、そんな変化も感じることができると思います。
 
  さて今回は、少し前に実施した「夕暮れ身近ないきもの探検」で、どんな生
 き物が見られたかを紹介しましょう。

  「身近ないきもの探検」は、子どもたちと一緒に園内で野生の生き物を探し
 て捕まえるというプログラムです。子どもたちの虫を見つける目はたいしたも
 ので、毎回100種以上の生き物を見つけるのですが、今回は夏休みのスペシャ
 ルということで、夜のライトトラップ採集をメニューに入れてみました。ライ
 トトラップとは、明かりで虫たちをおびき寄せる方法です。
 
  まだ明るいうちから広場の周辺3か所に白い布(寒冷紗)をたらし、昆虫が
 好む紫外線を発するブラックライトを点灯しておきます。そして、夕方18時半
 ころ、薄暗くなりつつある広場にでかけました。園内は照明が少なく、吉祥寺
 の街に近いことが信じられないくらい真っ暗になります。暗いというだけで、
 子どもも私たちもテンションがあがります。さあどんな生き物が集まっていた
 でしょう?
 
  ぼ〜っと明るく照らされた布には、遠目にも黒い虫がポツポツとくっついて
 いるのがわかりました。バッタのなかま、セミのなかま、あとはコガネムシ、
 コガネムシ、コガネムシ……。とにかくたくさんのコガネムシのなかまが! 
 スジコガネ、クロコガネ、ビロウドコガネ、コフキコガネ、アオドウガネなど、
 なんと11種も集まっていました。昼間はほとんど見かけない種ばかりです。

  そのほか、バナトラップに集まるカブトムシやガのなかま、セミの羽化など、
 昼間とは違う夜の生き物のさまを観察することができました。 
 
  次回の「身近ないきもの探検」は2012年9月23日、秋の生き物をみんなで観
 察しましょう。ただいま募集中です。

 ・「9/23『身近ないきもの探検』参加者募集」(2012年08月23日)
  http://www.tokyo-zoo.net/topic/topics_detail?kind=event&link_num=21045

                 〔井の頭自然文化園教育普及係 天野未知〕

■ B O O K S ■=========================================================

 『もっと!ほんとのおおきさ水族館』

      監修:小宮輝之、写真:尾崎たまき、絵:柏原晃夫、文:高岡昌江
               学研教育出版、2012年07月14日刊、本体1,500円
                          ISBN978-4-05-203484-8

  「もっと!」ということは……コンセプトは同じ! いつもの実物大写真で
 迫ります。サメにトドにモモイロペリカン、エイにタマカイ(本号の葛西臨海
 水族園ニュース↑にも登場)、左右に開いて4ページ分使ったジンベエザメ、
 足がはみでるマダコ、アオリイカにコウイカ、ゾウアザラシも縦に4ページ。

  帯をめくってみたら裏側に既刊が紹介されていました。まずは手にとってみ
 ると迫力にオドロキます。水族館ファンだけでなく、動物図鑑としても、写真
 絵本としても、ぜひ。

 ・学研出版サイト http://hon.gakken.jp の書籍紹介ページ
  http://hon.gakken.jp/book/1020348400

----------------------
 N E W S C L I P S
----------------------

●シロオリックスの赤ちゃん誕生──愛媛県とべ動物園(愛媛新聞)
http://www.ehime-np.co.jp/news/local/20120831/news20120831608.html

●ラクダ全身骨格標本展示──岡山県池田動物園(山陽新聞)
http://www.sanyo.oni.co.jp/news_s/news/d/2012083112485276/

●ライオン赤ちゃん公開開始──茨城県かみね動物園(読売)
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/surprise/20120831-OYT8T00411.htm?from=os2

●ライチョウ亜種、長野県内初人工繁殖──長野市茶臼山動物園(信毎)
http://www.shinmai.co.jp/news/20120831/KT120830FTI090030000.php

●中国からジャイアントパンダ2頭、9月6日来園──シンガポールへ
http://singapore.keizai.biz/headline/5357/ (シンガポール経済新聞)

●ゴリラ「ゲンタロウ」成長記──京都市動物園(読売)
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/kyoto/news/20120825-OYT8T01240.htm
========================================================================
スポンサーサイト

09 2018 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

idolhappiness

Author:idolhappiness
ようこそ!!!
サイトのUP情報、動物ニュース、エンターテイメント情報の紹介日記を綴ります。


Archive

RSS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。