FC2ブログ

Idol Happiness Website Diary

WHAT HAPPENED !?゚・:。★野生の王国 2015★。・:゚

 

Category: スポンサー広告   Tags: ---

Response: --  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: 野生動物■NEWS   Tags: ---

Response: --   Community: Theme[動物・植物 - 生き物のニュース] Genre[ニュース]

シマフクロウ:足環を装着 20年ぶり公開--根室管内 /北海道

 国の天然記念物で、環境省のレッドリストで最も絶滅が危惧されているシマフクロウに標識用の足環を装着する調査が4日、根室振興局管内の広葉樹林で、報道陣に公開された。公開は92年以来20年ぶり2回目。
 人口巣から巣立ち前のヒナ1羽の右脚に「WW」の文字の入った赤いカラーリング、左脚に環境省のリングを装着し、採血、計測なども行った。ヒナの体長は52センチ、体重2210グラムで、生後は推定52~53日。
 シマフクロウは、かつては北海道全域に約1000羽が生息していたとみられるが、河川改修や森林伐採などの影響で一時は数十羽まで減少。給餌や交通事故・感電防止などの保護増殖活動が功を奏し、道東を中心に約140羽まで増えた。
 この調査は85年にスタートし、これまで377羽のヒナに足環を装着。個体ごとの年齢や出生地が分かり、追跡が可能となった。200キロ以上移動分散したケースも2羽で判明している。また、近親交配の可能性がある場合は1羽を移動させるなどの対策を取れるようになった。
 環境省釧路自然環境事務所の津田麻子さん(32)は「足環によってどれくらい移動するか、何歳ぐらいで繁殖するかなども分かってきた」と成果を強調した。



シマフクロウは翼を広げた姿がとても美しく雄姿なんだよね。
顔も凛々しいのにかわいらしいルックスなので、とても愛すべき国鳥。天然記念物の鳥。

レッドリスト度合から考慮すると、かなり保護策が必要。
北海道にいたっても自然が足りないって、どんだけ人間が浸食したんだよ、ともとれる今記事。

生態の調査と共に、彼らの住む地域を増やすなり、人が及んで破壊した自然を戻しつつしない限り繁栄が難しい。
国内の野生動物もかなり希少な絶滅危惧種が多いため、海外同様、我が国の保護対策のこれから、未来も見つめてかけがえのない動物が絶滅しないようにしないといけない。

■http://idolhappiness.web.fc2.com/
スポンサーサイト

11 2018 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

idolhappiness

Author:idolhappiness
ようこそ!!!
サイトのUP情報、動物ニュース、エンターテイメント情報の紹介日記を綴ります。


Archive

RSS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。