FC2ブログ

Idol Happiness Website Diary

WHAT HAPPENED !?゚・:。★野生の王国 2015★。・:゚

 

Category: スポンサー広告   Tags: ---

Response: --  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: サイト■NEWS   Tags: ---

Response: --   Community: Theme[動物・植物 - 生き物のニュース] Genre[ニュース]

Z o o E x p r e s s ■ ズー・エクスプレス ■ No.576

■上野動物園■==========================================================

 ----------------------------------------
 ▼ホッキョクグマ「レイコ」が死亡しました
 ----------------------------------------

  上野動物園のホッキョクグマのメス「レイコ」が昨日、2012年2月24日(金)
 午前8時30分に死亡しました。死因は肝腫瘍でした。

  レイコは1983年12月6日、ロシア(当時はソビエト)のレニングラート動物
 園で生まれ、ドイツの動物園で飼育されていましたが、1984年10月26日、生後
 11か月で上野動物園に来園しました。来園のときの体重は77キログラムでした。

  その後、2000年にはオスの「ユキオ」が来園。旧ホッキョクグマ舎でなかよ
 くくらし、2002年には交尾行動も見られましたが繁殖にはいたりませんでした。

  2頭には氷やシャケのプレゼントをしたり、遊具を与えたり、そのようすは
 来園者に人気でした。

  上野動物園では、老朽化した施設を改修するために2009年から工事を開始。
 2010年6月には飼育舎が完成したため、そこに2頭を移し、いったん展示を中
 止しました。そして2011年10月、新施設「ホッキョクグマとアザラシの海」が
 オープンし、「レイコ」を放飼場に出す訓練を11月からはおこなっていました。

  しかし、高齢のため体調が安定せず、歩行にも時間がかかるようになり、食
 欲も落ちてきました。室内で安静を保ち、ようすを見守っていましたが、2月
 24日朝、飼育担当者が死亡を確認しました。

  現在、上野動物園のホッキョクグマはユキオ1頭となりました。

 ・東京ズーネットBBの動画から

  「クマに鮭をプレゼント」(2006年10月8日撮影)
   http://www.tokyo-zoo.net/movie/information/0610_01/index.html

  「ホッキョクグマの自動給餌器」(2007年7月19日撮影)
   http://www.tokyo-zoo.net/movie/mov_book/0709_01/index.html

  「ブイで遊ぶホッキョクグマ」(2009年2月21日撮影)
   http://www.tokyo-zoo.net/movie/information/0902_01/index.html

  「ホッキョクグマとアザラシの海」[1]ホッキョクグマ(2011年10月撮影)
   http://www.tokyo-zoo.net/movie/mov_book/1111_01/index.html

 --------------------------------
 ▼バードハウス2階の地理学別展示
 --------------------------------

  動物園の展示方法にはたくさんの種類があります。見た目が似ている動物を
 集めた「形態学的展示」や同じ生息地の動物を集めた「地理学別展示」などさ
 まざまで、それぞれの動物園で動物の特徴や園の条件に合わせた展示方法をと
 っています。

  上野動物園バードハウス2階のガラスケージでも、展示の鳥の入れ替えをし
 た際、生息域の近い鳥を中心に1つのケージに展示し「地理学的展示」をおこ
 なっています。

  ガラスケージは全部で6か所あります。「アフリカ」が2か所、「オセアニ
 ア」「東南アジア」「日本」「南米」がそれぞれ1か所ずつです。今回は中で
 もお勧めのケージを2か所ご紹介します。

  まずは「東南アジアの鳥」。このケージにはオオルリ、サトウチョウ、カン
 ムリシャコがいます。オオルリは「日本の鳥」としてもおなじみですが、日本
 で繁殖をしたのち、夏の終わりに東南アジアへ渡って行き冬を越します。そし
 て春になると繁殖のために日本へ渡ってくるので「日本の鳥」でもあり、「東
 南アジアの鳥」ともいえるでしょう。

  次に東南アジアのケージの隣の「オセアニアの鳥」。ここではオセアニアに
 生息する小鳥を中心に展示しています。小さな体で大好物の種子を食べたり、
 水浴びしたり、頻繁に動くようすをごらんになれると思います。そして今、彼
 らは春の繁殖に向けて巣作りに励んでいます。運が良ければ巣材を運んでいる
 ところも見られるかもしれません。

  バードハウスで鳥たちと小さな世界旅行をしてみませんか?

                  〔上野動物園東園飼育展示係 石井淳子〕

 ------------------------------------------------
 ▼繁殖期にはパンダの展示を中止することがあります
 ------------------------------------------------

  まもなくジャイアントパンダが繁殖期をむかえます。そこで、2012年2月下
 旬から5月頃まで、ジャイアントパンダの展示を中止することがあります。く
 わしくは、こちら↓のお知らせをごらんください。
http://www.tokyo-zoo.net/topic/topics_detail?kind=news&link_num=20683

■多摩動物公園■========================================================

 --------------------------
 ▼オランウータンの展示替え
 --------------------------

  多摩動物公園では、今までボルネオオランウータンのオス「キュー」と「ボ
 ルネオ」のいずれか1頭を、おもに大きい放飼場(第1放飼場)に展示してい
 ました。

  オランウータンは群れを作らず、オスは単独行動なので、オス同士のトラブ
 ルを回避するために1頭で飼育管理しています。ただ、いくら体の大きなオス
 でも、面積の広い放飼場ではなかなかその迫力が伝わりません。

  そこで第1放飼場を親子やメス4頭中心の展示に変更し、オスは面積の小さ
 い第3放飼場で展示することにしました。そのため昨年、やぐらを取り換える
 ときには、力のあるオスでも壊されないように強度を増して新設しました。

  キューとボルネオは、担当者の心配をよそに、初めて第3放飼場に放飼した
 ときも興奮することなく、新しくなったやぐらをひととおり軽く見て回る程度
 でした。

  キューは3基あるやぐらのなかでも来園者に一番近いやぐらの上がお気に入
 りのようで、一日の大半をそこで過ごします。気が向けばガラスの前まで行き、
 その場にじっと座り、いかにも観察するかのように人の顔を見ています。

  ボルネオは建物の出入口付近の通路の中を覗き込み、「早く帰りたいよ」と
 でも言っているようにその場に座ることが多いのですが、帰れないことがわか
 ると、あきらめてほかの場所に移動します。

  オスを第3放飼場に展示したことで、より近くで観察することができるよう
 になりました。メスと比べ体が大きく毛の長いことがよくわかります。また、
 おとなのオスの特徴である顔の左右にある「にくひだ」のようなもの(フラン
 ジと呼びます)も観察できます。                            

  今後も不定期ですが第3放飼場でのオスの展示をおこないます。運がよけれ
 ば豆の木(垂直に立てた木に穴を開けて中にピーナッツが入っている給餌器)
 を使っているようすが見られるかもしれません。

 ・「オランウータンと豆の木」(2011年07月15日)
  http://www.tokyo-zoo.net/topic/topics_detail?kind=news&link_num=19218

                 〔多摩動物公園南園飼育展示係 島原直樹〕
 --------------------
 ▼カバタテハの大集団
 --------------------

  みなさん、カバタテハというチョウをご存じでしょうか? 地味な色ともよ
 うなので、ガに間違われることも多いチョウです。名前の「カバ」は、翅の樺
 色(かばいろ:赤みの強い茶黄色)に由来します。

  多摩動物公園昆虫園の生態園では、2011年に一度絶えてしまいましたが、そ
 の後順調に増え、2012年1月には1200匹以上が羽化しました。今回はこのカバ
 タテハを紹介します。

  ある夕方、生態園の洞窟出口付近にあるランタナにカバタテハが群れて止ま
 っていました。ざっと数えて500匹以上の大きな集団です。みんな翅を閉じて
 じっとしています。次の朝見に行くと同じところに止まったままでした。どう
 やらその場所で夜を明かしたようです。

  その後の観察から、カバタテハは昼間飛び回った後、夕方にはほぼ毎日その
 場所に集まって朝までじっとしていることが分かりました。

  しかし、ランタナはカバタテハの幼虫の食草ではありませんし、蜜を吸える
 ような花もほとんどついていません。なぜ、その場所にこんなにたくさん集ま
 ったのでしょう?

  考えられる理由の一つは、「日当たりがよいため」です。問題の場所は夕方、
 西日がよく当たるのです。また、夕方ほどの大集団ではありませんが、午前中
 にも日当たりのよいところで群れているようすが観察されています。カバタテ
 ハは、そのようなところに集まる習性があるのかもしれません。

  ほかにも温度、色などのいろいろな要因が影響しているのかもしれませんが、
 実際ははっきりした理由が分かっていません。

  カバタテハの大集団は、天候にもよりますが、生態園の洞窟出口付近のラン
 タナで午後4時ころから見られます。ぜひ、昆虫生態園へ足をお運びください。
 ふだんは脇役になることが多いカバタテハですが、大量に群れているようすは
 一見の価値あり、です。
                〔多摩動物公園昆虫園飼育担当係 草野啓一〕

 -----------------------------
 ▼企画展「ZOOと!ぬいぐるみ」
 -----------------------------

  多摩動物公園で、東京動物園協会オリジナルぬいぐるみ展を開催します。本
 物の動物とぬいぐるみとの比較、ぬいぐるみと遊ぼう!コーナー、とっておき
 のぬいぐるみなども展示します。2012年3月1日(木)から5月8日(火)ま
 で、ウォッチングセンター展示ホールにて。
http://www.tokyo-zoo.net/topic/topics_detail?kind=event&link_num=20687

 --------------------------------
 ▼京王電鉄と共催「お絵かき教室」
 --------------------------------

  多摩動物公園では、京王電鉄と共催で「お絵かき教室」を開催。親子で楽し
 みながら、さまざまな絵を描いてみませんか? 2012年6月2日(土)10時30
 分から12時30分。事前申込制です。申込締切は2012年4月27日(金)必着。
http://www.tokyo-zoo.net/topic/topics_detail?kind=event&link_num=20686

■葛西臨海水族園■======================================================

 ------------------------------
 ▼ニホンアカガエルで春を先取り
 ------------------------------

  まだまだ寒い日が続いていますが、でも、、少しずつ春は近づいてきていま
 す。春の足音といえば、梅の開花、花粉症のはじまり、いやいやその前にもう
 一つ、ニホンアカガエルの繁殖シーズンがあります。

  葛西臨海水族園水辺の自然エリアの「淡水生物館」のカエルたちは、冬の間
 活動も鈍くなり餌もほとんど食べません。そのため、動いている姿を見ていた
 だくのは難しい季節ですが、この季節にしか見ることができないのが、ニホン
 アカガエルの卵です。

  水辺の自然エリアの「池沼」で産卵が確認される年もありますが、今回は展
 示槽でおこなわれた産卵を紹介します。

  ニホンアカガエルは、平地や丘陵地に生息する赤褐色ないし茶褐色の日本固
 有のカエルで、本州、四国、九州に分布しています。多くのカエルは初夏が繁
 殖期ですが、本種は1~3月が繁殖期で、田んぼの水たまりなどに卵を産みま
 す。

  展示水槽では2011年、2012年に産卵が見られました。2012年は1月末に抱接
 (メスの背中にオスが乗り、産卵をうながす行動)が確認できました。オスは
 メスより小さい上、この時期のオスの前肢はより太くなるので、雌雄は容易に
 判別できます。

  2月7日の朝、展示水槽を見に行くと卵を発見しました。卵の大きさは1.5
 ミリメートル程度の黒い球形で透明な膜に包まれています。この黒い卵が少し
 ずつ、オタマジャクシの形に変化していきます。展示水槽でも3月ころにはオ
 タマジャクシを見ることができるでしょう。そして、産卵を終えた親ガエルは
 暖かくなる5月ころまで、春眠します。

  外出するのがおっくうな季節ですが、この時期のみの限定展示ですので、ぜ
 ひ水族園に足を運び、春の足音を先取りしてみてはいかがでしょうか?
                                
                 〔葛西臨海水族園飼育展示係 齋藤祐輔〕

 ----------------------------------
 ▼「かさりん体操」に参加しませんか
 ----------------------------------

  「かさりん体操」は、ウニ・カニ・ナマコを題材とした葛西臨海水族園のオ
 リジナルの体操! 2012年5月から12月まで(8月を除き)第2日曜日に「か
 さりん体操」の時間を開催します。お気軽にご参加ください。くわしくは↓
http://www.tokyo-zoo.net/topic/topics_detail?kind=event&link_num=20684

■井の頭自然文化園■====================================================

 ------------------------------------------------------------
 ▼文化園いきものクラブ第10回「春のいきものさがし」参加者募集
 ------------------------------------------------------------

  「文化園いきものクラブ」は、毎月違うテーマのもと、動物解説員といっし
 ょに飼育動物や園内の自然を観察する催し物。5月から3月まで、年に10回開
 催します。

  2012年3月11日(日)のテーマは、「春のいきものさがし」。木々が葉を伸
 ばす前に咲く野草、さえずり始めた鳥たち、卵からかえったオタマジャクシ、
 求愛するリスたち──この季節ならではの園内の自然や飼育している動物たち
 のようすを観察します。

 ◎2011年度第10回「春のいきものさがし」

   日時 2012年3月11日(日)午前9時30分~正午
   定員 30名程度
   対象 小学生と同伴希望の保護者

   応募方法 電話、または、Eメールで実施日の3週間前から3日前まで、
        先着順に受け付けます。参加者の氏名、学年、保護者同伴の
        有無、連絡先電話番号をお知らせください。
        電話 0422-46-1100、Eメール bunkaenguide@tzps.or.jp

■大島公園動物園■======================================================

 ----------------------
 ▼オニオオハシの新展示
 ----------------------

  大島公園動物園のゾウガメ屋内展示場の一角に、オニオオハシを展示しまし
 た。オニオオハシは南米アマゾンの熱帯雨林に生息する鳥類で、2011年10月に
 ガイアナ共和国から来園しました。
 
  オニオオハシといえば、まず目につくのは巨大で鮮やかな黄色のくちばしで
 しょう。全長の3分の長さを占めるくちばしは、見た目に反して非常に軽く、
 細かく切った果物を器用につまむことができます。

  多くの鳥はくちばしを使って、餌をついばむようにして食べますが、オニオ
 オハシはつまんだ餌を上部に投げ上げ、落ちてきたところを飲み込むという一
 風変わった食べ方をします。
 
  この巨大なくちばしにはどんな役割があるか昔から議論されていました。求
 愛行動や果実をとるのに適しているという意見もありますが、最近の研究で体
 温を下げる必要があるときに体内の熱を逃がすラジエーターの役割があること
 がわかりました。

  愛嬌のある容姿や面白い餌の食べ方など、見どころいっぱいのオニオオハシ
 をどうぞごらんください。
                       〔大島公園動物園 大賀幹夫〕

========================================================================
スポンサーサイト

11 2018 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

idolhappiness

Author:idolhappiness
ようこそ!!!
サイトのUP情報、動物ニュース、エンターテイメント情報の紹介日記を綴ります。


Archive

RSS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。