FC2ブログ

Idol Happiness Website Diary

WHAT HAPPENED !?゚・:。★野生の王国 2015★。・:゚

 

Category: スポンサー広告   Tags: ---

Response: --  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: サイト■NEWS   Tags: ---

Response: --   Community: Theme[動物・植物 - 生き物のニュース] Genre[ニュース]

☆WWFジャパン 世界自然保護基金 -PANDA 通信-☆

    ユキヒョウ調査で見つかったブータンの野生生物の楽園

       http://www.wwf.or.jp/


_/_/_/ What's NEW _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/


□ 活動記事

 ・ユキヒョウ調査で見つかったブータンの野生生物の楽園
 ・オオミズナギドリへの放射性物質の影響調査
 ・日本の「省エネ」を後退させてはいけない
 ・南アフリカのサイの密猟 前年を上回る規模に
 ・シリーズ:クマの保護管理を考える(6)
  明らかにされる四国のツキノワグマの謎

□ イベント情報

 ・東日本大震災『つながり・ぬくもりプロジェクト』
  自然エネルギーによる被災地支援 活動報告会
 ・フォーラム「第1回味の素グループサステナビリティフォーラム」
 ・fairy dance barterの第11回「ぶつぶつ交換会」

□ スタッフブログ更新中!


□ お知らせ

 ・2011年 冬のご支援のお願い「あたりまえの朝のために」

――――――――――――――――――――――――――――――――――
■□■□ 活動情報 ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
――――――――――――――――――――――――――――――――――
◆ ユキヒョウ調査で見つかったブータンの野生生物の楽園
--------------------------------------------------------------------
ブータンでもっとも新しい自然保護区「ワンチュク国立公園」での調査の結果、
WWFとブータンの生物学者は、ここで初めて、ユキヒョウの生息を確認しました。
調査では、他にも多くの野生生物が生息していることを確認。この国立公園が、
ヒマラヤの自然保護を推進する上で、大きな力を発揮する期待が高まっています。

▼続きはこちら
http://krs.bz/wwfjapan/c?c=1078&m=14323&v=74e060d1
   
――――――――――――――――――――――――――――――――――
◆ オオミズナギドリへの放射性物質の影響調査
--------------------------------------------------------------------
福島第一原子力発電所の事故に伴い、東京電力は、放射性物質を含む汚染水
を周辺海域へ大量に放出しました。この汚染水による海洋生態系への影響
調査に取り組んでいるのが「NRDAアジア」。WWFもその活動を支援しています。
2011年11月14~16日には、伊豆諸島の御蔵島で、巣立ち間際のオオミズナギ
ドリの幼鳥を対象にした調査が行なわれました。

▼続きはこちら
http://krs.bz/wwfjapan/c?c=1079&m=14323&v=d16bf0df
   
――――――――――――――――――――――――――――――――――
◆ 日本の「省エネ」を後退させてはいけない
--------------------------------------------------------------------
現在、地球温暖化の防止にも大きく関係する、「省エネルギー政策」を見直す
議論が進められています。しかしその内容は、エネルギー消費量の詳細な情報
公開の義務をゆるめるなど、省エネ政策を進める上でマイナスになる要素を
含んでおり、今後の改善を期待させるものになっていません。WWFを含む環境
5団体は2012年2月3日、現行の「省エネ法」の見直し案が、新しいエネルギー
社会を築く基には到底なり得ない、時代に逆行するものとして、抜本的な
修正を求める意見書を、枝野幸男経産大臣に提出しました。

▼詳しくはこちら
http://krs.bz/wwfjapan/c?c=1080&m=14323&v=d501a5fc

――――――――――――――――――――――――――――――――――
◆ 南アフリカのサイの密猟 前年を上回る規模に
--------------------------------------------------------------------
2011年の1年間に、南アフリカ共和国内で密猟されたサイの頭数が、前年の
2010年の数を上回ったことが明らかになりました。2008年から見られ始めた
この密猟の増加傾向。背景にあるのは、アフリカではなく、アジアにおける
サイの「角」に対する需要です。現地での密猟対策の推進とともに、サイの
「角」を消費する国での、厳しい取引の取り締まりが今、求められています。

▼詳しくはこちら
http://krs.bz/wwfjapan/c?c=1081&m=14323&v=708a35f2

――――――――――――――――――――――――――――――――――
シリーズ:クマの保護管理を考える(6)
明らかにされる四国のツキノワグマの謎
--------------------------------------------------------------------
現在、四国東部の剣山山系の山奥でひっそりと暮らすツキノワグマ。
その数は少なくて十数頭、多くても数十頭と推定され、地域個体群の絶滅が
心配されています。NPO法人四国自然史科学研究センターでは、2002年から
労力をかけた調査を継続。知られていなかった、さまざまなことを明らかに
してきました。前回に続き、同センターの研究員、山田孝樹さんにお話を
うかがいます。

▼詳しくはこちら
http://krs.bz/wwfjapan/c?c=1082&m=14323&v=456783a1

――――――――――――――――――――――――――――――――――
■□■□■□ イベント情報 ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
――――――――――――――――――――――――――――――――――

【東京】東日本大震災『つながり・ぬくもりプロジェクト』
    自然エネルギーによる被災地支援 活動報告会

  2012年2月22日(水) 

▼くわしくはこちら
http://krs.bz/wwfjapan/c?c=1083&m=14323&v=e0ec13af

――――――――――――――――――――――――――――――――――

【東京】フォーラム「第1回味の素グループサステナビリティフォーラム」

  2012年3月6日(火) 

▼くわしくはこちら
http://krs.bz/wwfjapan/c?c=1084&m=14323&v=2ebcef07

――――――――――――――――――――――――――――――――――

【東京】fairy dance barterの第11回「ぶつぶつ交換会」

  2012年3月4日(日)

▼くわしくはこちら
http://krs.bz/wwfjapan/c?c=1085&m=14323&v=8b377f09

スポンサーサイト

09 2018 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

idolhappiness

Author:idolhappiness
ようこそ!!!
サイトのUP情報、動物ニュース、エンターテイメント情報の紹介日記を綴ります。


Archive

RSS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。