Idol Happiness Website Diary

WHAT HAPPENED !?゚・:。★野生の王国 2015★。・:゚

 

Category: スポンサー広告   Tags: ---

Response: --  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: 野生動物■NEWS   Tags: ---

Response: --   Community: Theme[動物・植物 - 生き物のニュース] Genre[ニュース]

クジラの集団座礁、「家族の助け合い」ではなかった 国際研究

【AFP=時事】クジラが大群で浜辺に打ち上げられる集団座礁は、病気になったり方向感覚を失って浅瀬に乗り上げた「家族」を助けるためだという長年の仮説を覆す研究結果が15日、米国遺伝学協会(American Genetic Association)が発行するJournal of Heredity誌に発表された。

ニュージーランド南島でクジラ90頭が座礁

 米国やニュージーランド大学の研究者らの国際チームが、オーストラリアとニュージーランドで起きたクジラの集団座礁12例を検証し、490頭のDNAを調べた結果、ほとんどのクジラは「血縁」関係にないことが判明。このため、これまで信じられてきた「親戚間での助け合い仮説」は成り立たなくなった。さらに、多くの場合、座礁した子クジラたちの近くに母親はいなかった。

■「家族」説から「社会問題」説へ

 集団座礁の原因について論文の共同執筆者である米オレゴン州立大学(Oregon State University)のスコット・ベイカー(Scott Baker)氏はラジオ・ニュージーランド(Radio New Zealand)のインタビューで、深海で血縁グループが離れ離れになってしまうことにあるのではないかと述べている。

 ベイカー氏によると、ゴンドウクジラの集団座礁に関する過去の説明には2つの仮説がある。第1の仮説は「環境的な要因や、獲物を追って普段なじみのない浅瀬に迷い込んでしまうといった社会的要因」に原因を求めようとするもので、クジラたちは方向感覚を失い、深さや海底の勾配を誤ってしまうためだとしている。

 もう1つの仮説は、助け合い関係にあるクジラたちが、病気になったクジラと一緒に群れごと浜辺に打ち上げられてしまうというものだ。
 
 今回の研究によって2番目の仮説は怪しくなった。では1番目の仮説だけが論理的に唯一のものかとの問いに対しては、科学者たちは今、また別の見解を持っているとベイカー氏は答えた。この新しい仮説も社会的な関係性を基本とするものではあるが、「集団座礁の前にグループ同士の競争か、何らかの内部崩壊があった」とみる説だ。

 論文は、集団座礁の前に餌や交尾相手をめぐる競争、小グループ同士の争いなどが起きた可能性を示唆し、問題に巻き込まれたクジラが発する「救難信号」が周囲にいる他のクジラたちを混乱させ、その結果、「血縁」の群れがばらばらになってしまい、座礁につながるという説を提示している。【翻訳編集】 AFPBB News


まだまだ仮説の段階ですが、美談的なこれまでの説も、あながり否定もできないと思うんだけどね。
社会的な構成を成す象や鯨なら。

とはいえ、集団で浅瀬に乗り上げるまえに、誰かなんとかしろよ、って気もする。

優秀なリーダーってそうそう現れないもの、受け継ぐ者の責任は重大。

そもそも、浅瀬に集団で迷うってどういう事なのだろう???
言葉にならない悲劇なんだけど、鯨やイルカって多いよね。シャチもちょっと前にあったような。
なんともいたたまれない気持ちになります。

■http://idolhappiness.web.fc2.com/
スポンサーサイト

Category: 野生動物■NEWS   Tags: ---

Response: --   Community: Theme[動物・植物 - 生き物のニュース] Genre[ニュース]

<スマトラゾウ>受難…ヤシ畑荒らす「害獣」毒殺増加

【ジャカルタ佐藤賢二郎】インドネシア・スマトラ島で絶滅危惧種のスマトラゾウが毒殺される事件が増加している。
象牙目当てに加え、パーム油の原料であるアブラヤシ畑を荒らす「害獣」として駆除対象になっているとみられ、自然保護団体はインドネシア政府に対策強化を求めている。

世界自然保護基金(WWF)リアウ事務所によると、スマトラ島中部のリアウ州で今年11月、メスのスマトラゾウ3頭の死骸が発見された。
同州では今年、他に12頭が殺害されており、昨年の計5頭から3倍に増加。
同島北部アチェ州でも今月、1頭が白骨化した状態で見つかったほか、3月から6月にかけて、少なくとも計7頭が殺害された。
方法はいずれも毒物を混ぜた果物を使用した毒殺とみられる。
死骸の多くはアブラヤシ畑の近くで発見された。

スマトラ島では1980年代から製紙・パルプ用の植林やアブラヤシ農園の開発が本格化し、スマトラゾウの本来の生息地である低地林の3分の2が失われた。
現在の生息数は2600頭前後とみられ、85年の推定数からほぼ半減している。

WWFリアウ事務所広報担当のシャムシダルさんは、
「ゾウ殺しは毎月のように起きているが、容疑者は一人も検挙されず、地元では『普通の出来事』。当局は厳正に対処すべきだ」と訴える。
WWFは、有効な対策がとられなければスマトラゾウは30年以内に絶滅すると予測している。


一言では語り切れないけど、ただでさえ生息数が少ない、絶滅危惧種なスマトラゾウがこうして人工的に殺害されてるのは悲しい。
トラにおいても、アムールタイガー亜種のアジア各地に生息していたトラが絶滅してしまっただけに、ゾウにおいてもそうならないようにしてほしい。

象牙目当てっていうのも、おかしいし、これは消費する経済大国においても徹底的に象牙使用を禁止する事が必要。
でないと、多額の需要目当てに、人はゾウを殺してしまう。アフリカゾウにおいても同じ事が言えるだけに。

更に、一番の問題は人との境界線と、途上国における経済情勢。
ゾウだけに視点を置くと、現地の人々の生活を座礁させてしまうため、現地の人々の生活保障ができるくらいの政策が必要。

アジアゾウとひとくくりにしても、各地固有の亜種として
マレーゾウ、セイロンゾウ、スマトラゾウと存在する、おそらく全体的に環境破壊もあり絶滅が懸念されてるはずなので、
人間が多種の野生環境を壊さないように、共存できうる知恵を活かして、何とか取り組み、減少ではなく少しの増加できる事が今後の課題である。

2013は成果が出た功績を期待したい。

http://idolhappiness.web.fc2.com/

Category: 野生動物■NEWS   Tags: ---

Response: --   Community: Theme[動物・植物 - 生き物のニュース] Genre[ニュース]

ロンサム・ジョージ、仲間が生存か

2012年6月、ガラパゴスゾウガメの亜種、ピンタゾウガメが絶滅した。「ロンサム・ジョージ(孤独なジョージ)」がこの世を去ったのだ。しかし、最新の研究によると、仲間がまだ生き残っている可能性があるという。

アメリカにあるイェール大学の研究チームが、エクアドル領ガラパゴス諸島の各地でゾウガメの調査を実施、ピンタゾウガメのDNAを受け継いでいる個体を見つけた。人里離れた奥地でひっそり暮らしている可能性が出てきたのだ。

ピンタゾウガメ(学名:Chelonoidis nigra abingdoni)は、絶滅から“復活”した前例がある。1906年以降、存在が確認されず、すべて滅んだと考えられていた。しかし1972年、当時およそ60歳だったロンサム・ジョージが、ガラパゴス諸島のピンタ島で見つかったのだ。そもそも個体数が減った原因は、島に侵入した人間が食用として乱獲し、ヤギやブタを持ち込んで生息環境や島の植生パターンを破壊してしまったからだ。

研究チームは、イサベラ島の人里離れた最北端、ウォルフ火山付近に生息する1667頭のゾウガメを調査。17頭の遺伝子にピンタゾウガメのDNA断片が混入している事実を突き止めた。

オス3頭、メス9頭、子ども(20歳未満)5頭が、ピンタゾウガメのDNAを持つ混血種と確認され、特に子どもの存在は純血種が生存している可能性を示すという。

研究チームのリーダーでイェール大学の進化生物学者ダニエル・エドワーズ(Danielle Edwards)氏は、「ゾウガメの寿命は長く、混血種の中には血筋がかなり濃い個体もいた。大人たちの親世代もまだ生きているかもしれない」と話す。

◆ガラパゴス諸島を渡る

 ピンタ島とイサベラ島は約50キロ離れている。ピンタゾウガメは、どのように到達したのだろうか。「ほかの海域では海流に乗ってカメが移動するケースもあるが、ここでは違うと思う。おそらく人間が関わっている」とエドワーズ氏は述べる。

 19世紀、捕鯨船や海軍の軍艦などが、油や肉を求めて上陸しやすいピンタ島などに立ち寄り、生きたゾウガメを船に持ち帰った。

 ゾウガメは新陳代謝が遅く、エサや水がなくても最長で12カ月生き延びることができる。長い航海で壊血病を防ぐための食料源として、ゾウガメは非常に便利だった。しかしいざ海戦となると、船の重量を軽くするため、1頭90~270キロあるゾウガメは海に投げ捨てられたのである。

 ウォルフ火山では、フロレアーナ島の固有種で既に絶滅したフロレアーナゾウガメ(学名:Chelonoidis elephantopus)のDNAを受け継いでいる個体も1頭発見されており、やはり人為的な影響があったと考えられる。

◆絶滅からの復活に向けて

 エドワーズ氏は、「ゾウガメは、ガラパゴス諸島の生態系にとって極めて重要だ」と指摘する。ゾウガメによって土壌や植物の種子が拡散し、エサにしている樹木やサボテンの数がバランスを維持している。ピンタゾウガメやフロレアーナゾウガメが復活すれば、非常に大きな意味を持つ。

 研究チームでは、混血種の収集や、純血種の発見を目指し、ウォルフ火山周辺の険しい地域を再調査する。できれば人工繁殖も試みる予定だという。この取り組みが成功すれば、2種類のゾウガメが本来の住処に戻る日が来るかもしれない。

「“絶滅”と言えば、本来取り返しがつかない状況を意味する。しかしテクノロジーが発達すれば、不幸な結果を覆すことができるかもしれない」と研究チームの一員でイェール大学上席研究員のアダルジサ・カコーネ(Adalgisa Caccone)氏は述べている。

 今回の研究成果は、「Biological Conservation」誌に掲載された。




ジョージの悲報が今年はありましたが、よく調べてこれだけ結果でたなら、ジョージが生きていた間に見つけてあげればよかったのに。
それにしても、今までの人間が起こしてきた非道の歴史が残酷すぎて。

科学の進歩により、DNAからの解析や復活を望むことは否定はしないけど、なんでしょう、この記事の意思的に人間のものでなくした物みたいな

物扱い

な感じが嫌ですね。

基本的な生態系の潤いを目指して欲しいと思う次第である。ジョージのためにも。


■http://idolhappiness.web.fc2.com/

Category: 野生動物■NEWS   Tags: ---

Response: --   Community: Theme[動物・植物 - 生き物のニュース] Genre[ニュース]

プーズー・コドコド

先日、アニマルプラネットでの「森の世界」ってのを見てたら、初めて見る動物がいました。

私としたことが!?
とか言いたくなるくらいw 過去に図鑑で観た事あるような、ないような・・・・・

というわけで、改めて記憶の上書きのようにしっかり興味深い動物に出会った気持ちを持ちます。

・プーズー
小型のシカで、一瞬、キョンかと思ったけど生息地域が違うしなぁ、大型レイヨウのクーズーでもない。
って事で調べたら
チリのチロエ島というとこにしかいないらしい。
外来種の犬が最大の迫害だとか。確かに、大きさ的にはアマミノクロウサギの脅威な野生犬や猫と同じように
固有種最大の難題があるよう。

・コドコド
家猫ヒョウみたいな。なんてまぁカワイイw 野生種独特の表情もかっこかわいい。
こちらもチリに生息。
密漁なんて論外!絶対すんなよ!

いやぁもっとメディアに出てほしいくらい両者ともクギヅケになったレア動物。
動物園でも観たことないような。デトロイトで観たかもしれない>プーズー。


レアなほうが人の侵害を受けずイイかもしれないが、どちらとも環境破壊による生態系の脅威があるため、
自然環境の保全がなされて欲しい、と願うチリ国に。

■http://idolhappiness.web.fc2.com/

Category: 野生動物■NEWS   Tags: ---

Response: --  

パンダに「食糧危機」、気候変動で竹消滅の恐れ 米中研究チーム

繁殖率の低さと生息地急減のため絶滅の危機にあるジャアントパンダが、今度は主食の笹を失う危険にさらされているとの研究結果が11日、英科学誌「ネイチャー・クライメートチェンジ(Nature Climate Change)」に掲載された。米国と中国の共同研究チームによると、野生のパンダの約5分の1が生息する中国北西部・秦嶺山脈(Qinling Mountains)では温暖化のため今世紀中に竹が急減するとみられ、「代替食糧を確保できなければパンダが餌不足に陥る恐れがある」という。

野生のジャイアントパンダ、2-3世代で絶滅の恐れ(2009年)

パンダは1日あたり38キログラムの笹を食べる。餌の99%が笹で、竹林が繁茂する場所を生息域とするが、竹は30~35年に一度しか開花せず繁殖速度が遅いため、環境の変化に適応するのも遅い。

■現在のパンダ保護区は竹がほぼ全滅か

研究チームは国連(UN)の気候変動に関する政府間パネル(Intergovernmental Panel on Climate Change、IPCC)による温暖化予測モデルと、降雨量や温室効果ガス排出量、過去の竹の生育状況といった各種データを照合。温暖化が進めば、秦嶺山脈のパンダの餌のほぼ全てをまかなっている3種の竹が全滅すると予測した。

「21世紀中に、この地域のパンダ生息地のほとんどが消滅する可能性が示された」と論文は警告している。

竹は世界的にも種のおよそ半分が絶滅の危機にある。研究チームによれば、竹の分布はこれまでも気候変動に伴って変化しており、この先、竹の生育に適した場所が現在のパンダ保護区から遠く離れた場所に変わってしまう可能性が高いという。

研究チームでは、今回の研究結果を活用して「気候が変わっても十分な餌を確保できる地域を保全したり、パンダを笹不足から救う自然の「架け橋」を作る準備をするなど、将来の危機を見越した計画を立てるべきだ」と訴えている。



根本的な環境が整わないのは残念ですね。パンダにいたっても様々なプロジェクトがされており、
繁殖でさえ、そうそう1個体出来るまで、成長できるまで、というのも難しいパンダだけに。

せめて、置かれてる環境、食糧状況などは賄ってあげたい。
が、野生におけるその酷な状況変化が容易ではないという事か。
なんとか、中国政府が力を注いで、パンダの繁栄につながるように頑張ってもらいたい。

同じようにホッキョクグマも、温暖化による危機的状況があります。

愛らしい姿のパンダとホッキョクグマ、両者ともに生き残って欲しい。

☆http://idolhappiness.web.fc2.com/
11 2017 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

idolhappiness

Author:idolhappiness
ようこそ!!!
サイトのUP情報、動物ニュース、エンターテイメント情報の紹介日記を綴ります。


Archive

RSS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。